事例紹介

標的型攻撃メール対応訓練サービス

企業グループ全社に訓練を実施。
グループ全体のセキュリティ意識の底上げに貢献。

グループ企業の規模に関係なく、
すべてのグループ社員のセキュリティ意識を向上させたい

日本全国に複数の拠点とグループ企業を構える大手金融業のお客さまでは、昨今のサイバー攻撃の高度かつ巧妙な手口に、その脅威を強く感じていました。

本社では、セキュリティ対策専用の部署を設けて、社員のセキュリティ意識の向上に努めてきましたが、安心、安全な事業基盤を築くには、関連するグループ全体に対する内部対策の強化が必要でした。そこで、全国の拠点とグループ企業も対象とした、グループ全体でのセキュリティ意識の向上に踏み切りました。

  • 昨今のサイバー攻撃の脅威状況を踏まえ、
    社員のセキュリティ意識の向上に努めてきたが、より対策を強化したい

  • グループ各社の規模が異なるため、
    できるだけ安価なサービスを導入したい

  • 本社では定期的にメール訓練を実施しており、
    同じ品質の訓練を企業グループ全体で行いたいと考えていた

お客さまのご要望をもとに
標的型攻撃メール対応訓練サービスを
複数社のグループ企業にも一斉実施

  • 実際に不審メールを擬似体験することで、受信時の対処を学ぶことができる「標的型攻撃メール対応訓練サービス」を提案

  • 官公庁や東北電力グループに提供してきた確かな実績と経験を踏まえた、高品質なサービスを安価な特別メニューとして提案
    これまで本社で実施してきた訓練と同等の品質を維持したまま、グループ全体に提供

  • 訓練メニューを検討する打合せは本社のみ実施
    同一のメニューを各企業グループに提供することにより、手続きを簡略化し、安価なサービスを実現

企業グループ専用メニューの提供イメージ

グループ企業にも本社と同じ品質の訓練を実施
コスト面、運用面の不安も解決しながら
グループ全体のセキュリティ意識を向上

高い品質のメール訓練が実施できたことにより、企業グループ全体のセキュリティ意識が向上しました。
サイバー攻撃への対応を知識だけでなく、体験を通して実践的に学ぶことができました。

グループ各社間で規模の違いがあることから、コスト面、運用面で不安がありましたが、本社と同等のメニューで安価に訓練を実施できました。

※本事例内容は、2019 年 3 月時点のものです。

お客さまの情報セキュリティの
脅威に備える

様々な業種・業態のお客さまに
導入いただいています

官公庁・自治体・金融機関

  • クローズドネットワーク環境での訓練も実施可能であり、実績があります。外部とのメールのやり取りなどを想定した訓練も実施できるため、実際の業務内に潜むセキュリティリスクを体験できます。

大学・学校などの教育機関

  • 大学をはじめとした多くの教育機関の職員向けに本サービスを提供しました。
    児童や学生の個人情報、研究のデータなど、多くの機密情報を守るためには、脅威を実践的に学習できるメール訓練が効果的です。
    訓練後には、最新のサイバー攻撃に関する情報を提供する研修のサービスもあります。

法人企業各社さま

  • 個人情報を扱うサービス業だけでなく、製造業、建設業、電気事業、金融・保険業、印刷業など、幅広い業種への訓練実績があります。
    訓練メールの文面や教育コンテンツをお客さまの業務に合わせてカスタマイズできます。
    東北電力グループだからこそできる、高品質のメール訓練サービスを提供します。