指定のパソコンにどんな時でもテロップを流せる「テロップ速報」に、3つの新機能を追加しました。

外部連携メッセージ配信機能

勤怠情報システムなど、他のシステムより連携されたデータから、ユーザを指定してメッセージを配信できる機能です。長時間の残業が多い従業員に対し、ピンポイントで残業を抑制するメッセージの配信などに活用できます。

配信リトライ機能

指定した時間帯に繰り返しメッセージを配信することができます。例えば、外出が多い営業担当者がいる場合、指定した時間の範囲であれば、社外から戻り PC を開いたタイミングでテロップを表示させることができます。

PC 利用時間管理機能

従業員の端末利用時間を管理できる機能で、端末利用時間と勤怠情報を比較することで、サービス残業の有無を確認し、該当するユーザへメッセージを配信できます。

テロップ速報新機能の詳細は、下記リンクからご覧いただけます。