TOiNXの 「標的型攻撃メール対応訓練サービス」 は、不審メール受信時の対処を学んでいただくサービスです。
実際に不審メールの受信を擬似体験することで、攻撃手法やその対処方法を習得できます。
また、一人ひとりの情報セキュリティ意識向上につながり、ウイルス感染のリスクを確実に低減することができます。

累計40万人以上の提供実績!
標的型攻撃メールとは?

特定の企業やサービスを狙うサイバー攻撃で用いられるメールのこと。メールの添付ファイルを開いたり、URLのリンク先をクリックすると、ウイルスに感染し、技術情報や機密情報が盗まれる可能性があります。メール自体は業務上やり取りされる普通のメールと見分けがつきにくいため、一般的なセキュリティソフトで防ぐことは困難。たった一人の社員が不用意に添付ファイルを開いただけで感染してしまいます。

技術・機密情報の盗聴
顧客名簿の流出
社会的信用低下・経営打撃

訓練の目的とメリット

ウイルス感染を未然に防ぐ、個人の意識改革が重要です

標的型攻撃メールの多くは、添付ファイルを開かなければウイルス感染を防ぐことができます。

社員一人ひとりに、不用意に添付ファイルを開かないことを習慣づけることが、この訓練の目的です。

1回の訓練で効果あり!

一回の訓練で効果抜群!

これまでに訓練を実施した企業・団体の効果を調査。訓練2回目では、1回目よりも添付ファイル開封率が大幅に減少することが実証されました。

さまざまなニーズに対応

様々なニーズに対応

インターネット接続環境だけでなく、クローズドネットワーク環境にも対応。添付ファイル型の訓練では、添付するファイル形式も豊富に取り揃えています。

標的型攻撃メール対応訓練サービスの概要

攻撃手法の理解や、個人の情報セキュリティ意識向上に

標的型攻撃メールの脅威を体験する教育型訓練プログラム。

攻撃手法の理解を深め、個人の情報セキュリティ意識向上につなげることができます。

基本メニュー

基本メニューでは、「メール送信回数」「メール文面パターン」「開封時コンテンツ」は1回(1種類)となります。また訓練対象者に対して表示される開封時コンテンツは1パターンとなります。添付ファイルを開いた、またはメール本文内のURLリンクをクリックした訓練対象者の情報を当社で取得・集計したのち、開封結果として報告します。

標的型攻撃メール訓練サービスの概要
訓練メール送信

訓練メール送信

訓練メール(擬似攻撃メール)を送信します。

訓練メールの形式は「URLリンク型」と「添付ファイル型」から選択できます。

開封時コンテンツの表示

開封時コンテンツの表示

訓練メールのURLリンクをクリックした、もしくは添付ファイルを開いてしまった訓練対象者(開封者)には、標的型攻撃メールへの注意を促すコンテンツ(開封時コンテンツ)が表示されます。

開封結果報告

開封結果報告

訓練メールの開封者の割合(開封率)をお知らせします。

訓練メールに添付可能なファイル形式

TOiNXの標的型攻撃メール対応訓練サービスでは、豊富な種類のファイル形式で訓練を実施することができます。

ファイル形式(拡張子) 説明
1 EXE(exe) EXEファイルを開くと自動でブラウザを起動し、開封時コンテンツを表示するとともに、開封者情報をサーバに記録します。また、オプションにより、クライアント上で表示されるアイコンを、WordまたはPDFに偽装することが可能です。
2 Word(doc/docx) Wordファイル上で開封時コンテンツが表示された直後に警告メッセージが表示されます。「編集を有効にする」をクリックすると同時に開封者情報をサーバに記録します。
3 Excel(xls/xlsx) Excelファイル上で開封時コンテンツが表示された直後に警告メッセージが表示されます。「編集を有効にする」をクリックすると同時に開封者情報をサーバに記録します。
4 PDF(pdf) PDFを開くと開封時コンテンツが表示された直後に警告メッセージが表示されます。「許可」をクリックすると自動でブラウザを起動して、開封者情報をサーバに記録します。
5 HTML(html) HTMLを開くと自動でブラウザを起動して開封時コンテンツを表示するとともに、開封者情報をサーバに記録します。
6 ショートカット(url) ショートカットを開くと自動でブラウザを起動して開封時コンテンツを表示するとともに、開封者情報をサーバに記録します。

※上記1~4は、zip形式でファイルを圧縮することができます。

オプションサービス

当サービスでは多彩なオプションメニューを用意しています。

オプションメニューを組み合わせることで、お客さまのニーズに応じて訓練内容をカスタマイズすることが可能です。

メニュー項目 概要
訓練メール 訓練メールパターン追加 訓練メールのメール文面パターンを追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。
①部署や役職などグループごとにメール文面を変える場合
②複数回の訓練を実施し、各訓練毎にメール文面を変える場合
メール送信回数追加 訓練メールの送信回数を追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。
①訓練メールを複数回に分割して送信する場合
②複数回の訓練を実施する場合
メール文面作成代行 訓練メールの文面をお客さまのご要望に合わせて作成します。
開封時コンテンツ 開封時コンテンツ追加 開封時コンテンツを追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。
①部署や役職などグループごとに開封時コンテンツを変える場合
②複数回の訓練を実施し、各訓練毎に開封時コンテンツを変える場合
アンケート アンケート実施 開封者もしくは全訓練対象者に対し、WEBページ形式のアンケートを実施します。
アンケートは、当社標準の内容(以下のとおり)となります。
また、アンケート集計結果をお知らせいたします。
質問1:選択式の回答。選択肢は5つ(複数選択不可)
質問2:自由記述
質問内容カスタマイズ 質問数の追加および質問内容の変更ができます。
質問5項目毎に追加料金が発生します。
教育コンテンツカスタマイズ アンケートへお客さま指定の教育コンテンツを追加できます。
結果報告 報告書作成 訓練結果を取り纏めた報告書を作成します。
報告書の記載内容は以下のとおりになります。
・訓練実施概要
・開封率
・アンケート集計結果(アンケートを実施した場合のみ)
・考察
開封結果報告 訓練メール送信後、開封率および開封者の一覧をお知らせいたします。
※メール送信回数追加オプションを追加した場合、併せて必要になります。

訓練実施の流れ

以下の図は、訓練2回実施・アンケート・報告書作成を行う場合の流れです。

訓練2回実施・アンケート・報告書作成を行う場合の流れ

サービス提供例

オプションメニューを組み合わせて訓練効果を高める

基本メニューにオプションメニューを組み合わせたサービス提供例です。オプションメニューを組み合わせることで、標的型攻撃メールの脅威をよりリアルに体感することができ、個人のセキュリティ意識向上につなげることができます。

訓練2回・アンケート・報告書作成等を実施する場合

訓練2回・アンケート・報告書作成等を実施する場合
メニュー項目 概要
基本メニュー
オプション 訓練メールパターン追加 1パターン
メール送信回数追加 1回追加
開封時結果報告 1回追加
アンケート実施 あり
質問内容カスタマイズ あり
教育コンテンツカスタマイズ あり
報告書作成 あり

TOiNXの「標的型攻撃メール対応訓練サービス」
に関する資料請求、ご質問・ご相談は、

以下のボタンよりお問い合わせください。