電子証明書発行サービス
認証局アウトソーシングサービス
電子認証ソリューション

TOiNXの「電子認証サービス」は、インターネット取引の危険をしっかりブロック。
PKIを活用した暗号化技術によりセキュリティを確保すると同時に、インターネットの向こう側にいる取引相手が誰であるかを、第三者機関である当社が証明するサービスです。

インターネット取引の危険性

インターネット上での取引は、不特定多数の人が共有するネットワーク上でデータをやり取りするため、データの「盗聴」や「改ざん」の危険性が高くなります。また顔が見えない相手と取引するため、「なりすまし」や「事後承認」の可能性も。情報を守るためには、データの暗号化や本人確認などのセキュリティ対策が必要不可欠です。

文書などの改ざん
なりすましや事後否認
機密情報の盗聴

電子認証サービスのメリット

インターネット取引のセキュリティを強化

インターネット取引で起こる、悪意を持った第三者による「盗聴」「改ざん」「なりすまし」「事後承認」の危険を回避。様々なビジネスシーンの「安心」と「信頼」をサポートします。

通信データの暗号化が可能

通信データの暗号化が可能

盗聴の防止

「公開鍵暗号方式」で文書を暗号化。「公開鍵」で暗号化した文章は、「秘密鍵」でしか解読できないので、悪意のある第三者が文書内容を盗み見ることはできません。

通信データ内容の保証

通信データ内容の保証

改ざんの防止

電子文書に「電子署名」を捺印することで、その内容に改ざん等が行われていないことを証明。「電子署名」は実社会における「サイン」や「印鑑」と同じ役割を果たします。

通信相手の確認(認証)

通信相手の確認(認証)

なりすまし・事後否認の防止

電子上の身分証明書「電子証明書」により、電子文書に捺印された「電子署名」の本人性を証明します。「電子証明書」の有効期限が切れたり失効した場合は、「電子署名」も無効にできます。

電子証明書発行サービスカード

新たなビジネスチャンスを創出

「TOiNX電子認証局」として行う「電子証明書」の発行サービス。

「電子入札」「電子申請」「電子申告・納税」等、様々なビジネスシーンで安心・安全を提供します。

TOiNXの電子認証発行サービスの特長

電子入札などに必要な電子証明書(ICカード)を 発行

電子入札などに必要な
電子証明書(ICカード)を
発行

自治体や公共機関等が行う「電子入札」「電子申請」「電子申告・納税」等を利用するために必要となる「電子証明書」を発行します。「電子証明書」を活用すれば、ネットワーク上での本人確認、暗号化通信等セキュアなやり取りが可能になります。

入札にかかる時間・コストを大幅に縮減

入札にかかる時間・
コストを大幅に縮減

従来の入札は毎回発注機関に赴く必要があり、その移動にかかる時間と手間が大きな負担になっていました。しかし「電子入札」なら会社にいながら入札に参加することができるので、そのコストを大幅に縮減できます。

入札参加機会が増えるから事業の幅も広がる

入札参加機会が
増えるから
事業の幅も広がる

地理的条件や時間的制約が解消されるので、遠方から参加することも可能。「電子入札」に必要な「電子証明書」を持つことで、御社の入札機会は大きく増えることになります。

ヘルプデスクのやさしいサポートで初心者も安心

ヘルプデスクの
やさしいサポートで
初心者も安心

ヘルプデスクでは申し込み手順、申請書記入方法、パソコンへのセットアップ等をサポート、電子入札システム利用段階でPIN番号(暗証番号)入力が正常に受け付けられるまで、スタッフが丁寧に対応するので、操作に不安のある方も安心です。

国に認定されたTOiNX電子入札対応認証サービス

TOiNXの「TOiNX電子入札対応認証サービス」は、「電子署名及び認証業務に関する法律」で定められた特定認証業務の認証制度に基づき、国の認定を受けています。TOiNXの発行する電子証明書は、電子政府対応電子証明書として「電子入札コアシステム」をはじめ、国税電子申告・電子納税(e-Tax)、地方税ポータルシステム(eLTAX)等、幅広い電子行政サービスに対応しています。

電子入札コアシステム対応

電子入札コアシステム対応

電子署名法認定業務

電子署名法認定業務

電子証明書発行サービス 利用イメージ

各種電子証明書一覧

「電子入札」対応用電子証明書

「電子入札コアシステム」、「電子入札・開札システム」に対応しています。

「電子申請」対応用電子証明書

各省庁、自治体等の「電子申請システム」に対応しています。

「電子申告・納税」対応用電子証明書

国税電子申告・納税システム「e-Tax(イータックス)」に対応しています。

クライアント証明書

サーバ証明書

企業・団体向けプライベート証明

詳しくは「TOiNX電子入札対応 電子証明書発行サービス 専用サイト」をご覧ください。

資料請求、ご質問、ご相談などにつきましても、
以下の専用サイトよりお問い合わせください。

認証局アウトソーシングサービス

電子証明書の提供方法はニーズに合わせて選択可能

お客さまのセキュリティポリシーに基づいた電子認証局を構築します。

TOiNXのシステム開発・構築の実績と技術力なら、スピーディかつローコストな構築が可能。

お客さまのニーズに合わせて、2種類の認証局アウトソーシングから選べます。

認証局フルアウトソーシング

電子認証局を発行局、登録局を含め、トータルで構築、運用管理するサービスです。

電子認証局を発行局、登録局を含め、トータルで構築、運用管理するサービスです。

発行局アウトソーシング方式

電子認証局サービスのうち、電子証明書の発行局を提供するサービスです。

電子認証局サービスのうち、電子証明書の発行局を提供するサービスです。

TOiNXの「認証局アウトソーシング」に関する
資料請求、ご質問・ご相談は、

以下のボタンよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは

営業本部 営業部 営業2課 022-214-3032

 

電子認証ソリューション

様々なビジネスシーンに役立つ電子認証

お客さまのニーズに応えるため、多彩な電子認証ソリューションをご用意。

コンサルティングから構築、運用に至るまで、信頼性の高い電子認証ソリューションをトータルで提供します。

スマートカード
ログオン

インターネット
EDI

企業間業務
システム連携

電子帳票

電子署名

ファイル
アクセス制御

ワークフロー

EC
(電子証取引)

暗号化メール

スマートカードログオン

シングルサインオンが採用されると

セキュアなICカードを認証に使用すると、システム毎に行っていた、複数のID/パスワードを入力する必要がなくなります。

シングルサインオン

インターネットEDIサービス

TOiNXでは、インターネット回線を通じてデータ交換(EDI)を行う「インターネットEDIサービス※」を、確かな品質とサービスで流通・小売業の皆さまへご提供しております。
専用回線・端末を使用する従来のEDIとは違い、オープンで相互運用性が高く、柔軟な取引を実現できるため、ウェブブラウザ上でのインタラクティブな商談や、商品情報のやり取りが可能になります。また、TOiNXのセキュアなインターネットEDIシステムを導入することにより、設備投資や運用コストの低減にもつながります。

※インターネットEDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換):従来の専用線や専用端末による電子データの交換をインターネット上で行える企業間取引の形式

電子認証ソリューション 利用イメージ
Web型 連続データ量が少ない小規模取引先向けインターネットへの接続可能な端末とブラウザのみでデータ交換が可能。取引先企業に対して電子証明書を発行しクライアントの認証を行う等、インターネット上でSSL(Secure Socket Layer)によるセキュリティの高い暗号化通信を実現
ファイル転送型 連携データ量が多い大規模取引先向け全銀協TCP/IPプロトコルまたはFTPを利用して、EDIデータをファイル形式で送受信が可能。全銀協手順およびインターネット上でVPN (Virtual Private Network)によるセキュリティの高い暗号化通信を実現

・パケット交換、エラー検出、訂正、フォーマット変換の付加サービスも併せてご利用いただけます。
・従来のEDI「VANサービス※」や、帳票などのデータをFAX送信するサービスもご提供しております。

※お客さまと取引先企業とのコンピュータを、インターネット回線・専用回線を通じて当社VANセンターにて中継し、電子データの交換をする方式

サービスの特長とメリット

事務処理の効率化とコストの削減

事務処理の効率化と
コストの削減

インターネットによる受発注から請求情報、在庫情報、商品情報等、幅広い双方向データ交換が実現可能なため、従来行っていた電話対応やFAX送信、書類郵送等の事務処理が省力化されます。さらに電話代や切手代、用紙代等、その他事務処理にかかるコストを削減することができます。

事務スペースの効率化

事務スペースの効率化

パソコン上でのデータ交換・保存・管理が可能なため、ペーパーレス化を図ることができることから、事務処理で発生した伝票などの保管スペースを有効活用することができます。

商取引業務のスピード向上

商取引業務の
スピード向上

パソコン上で、多種・少量受発注や納品日時の指定など、取引状況を必要な時に即座に確認し対応することができるため、データの再入力や印刷の必要はありません。データの手入力業務やそれに伴う入力ミスなど、人手で行っていた作業の漏れがなくなり、大幅な時間短縮と効率化に繋げることができます。また、在庫回転率の向上や、売掛金回収期間の短縮等の効果も期待できます。

専用ハード、ソフト不要設備投資の削減

専用ハード、ソフト不要
設備投資の削減

パソコンとインターネット環境さえあればEDIの利用が実現可能なため、専用ハードウェアやソフトウェアなどの設備が不要であり、設備投資やそれに伴う運用コストを削減することができます。

TOiNXの「電子認証ソリューション」に関する
資料請求、ご質問・ご相談は、

以下のボタンよりお問い合わせください。