まるっと PC サービス
インタラクティブホワイトボード [IWB]

国内の離れた拠点でも資料に書き込んで情報共有
オンライン会議の見える化を実現

遠隔地とのオンライン会議で、
迅速かつ正確な情報共有を行い、
意思決定までの効率化を図りたい。

製造業のB社さまでは、本社と離れた地域にある複数の工場で、会議の効率化を図るオンライン会議システムを探していました。

会議システムでは、資料や協議は遠隔操作で進められますが、図面などを用いながらの協議では、遠隔でありながらも、会議の場で資料を編集できる機能が必要でした。

  • 離れた拠点間のオンライン会議は、ニュアンスが伝わりにくいことから、決定事項の手戻りが発生しやすい

  • オンライン会議では資料を事前に送る必要があり、急な資料修正などへの融通性が低い

  • 本社と工場との会議の場では、オンライン会議内で図面などの資料を編集し、決定事項をすぐに共有したい

  • 議事録の作成に関する業務負荷が大きい

インタラクティブホワイトボードで、
会議の質を向上。離れた組織間での
状況共有、意思共有が向上。

  • リアルタイムに双方向から書き込みができる「インタラクティブホワイトボード」を会議に利用することを提案

  • 図面などの電子データをボードに表示し、直接書き込みができるため、離れた拠点間で見える化を実現

  • 書き込んだ内容をそのままデータ化できるため、決定事項の共有も迅速化、議事録作成の手間も削減

  • 会議音声は、従来からある社内IP電話会議システムを併用し、導入コストを低減
    機密情報を持つ会議資料でも、社内LAN経由でセキュリティも安心

離地との遠隔での会議イメージ

コミュニケーションの質が変わり、
意思決定も迅速化。
ペーパレス化による時間削減やコスト効果も

離れた拠点間の会議でも、全員が一斉に同じ情報を確認できるため、対面の会議のように円滑に協議できるようになりました。
ボードに直接書き込みが可能なため、遠距離拠点間でも微妙なニュアンスが伝わりやすくなり、会議後の手戻りが減少しました。

最新の情報を共有することができるため、ペーパーレス化が実現しました。
決定事項をその場ですぐに記録、共有することが可能で、議事録作成の必要がなくなりました。

※本事例内容は、2020 年 3 月時点のものです。