一人ひとりが大切な会社の“財産”。
全社をあげて人財育成を推進。

長期的な視点で人財を育成するためには揺るぎない方針が必要不可欠。
TOiNXの人財育成方針は、自主性を発揮し、個々の能力を最大限磨き上げることにより、
プロフェッショナルとしての自覚と自立を目指します。

TOiNXの人財育成方針

当社は「社員一人ひとりが価値を想像する財産」と位置づけ、
将来にわたりお客さまと当社に貢献できる
創造的なプロフェッショナルを育成します。

宣言文

  • 当社にとって社員は最大の財産であり、当社の発展とともに社員も成長していきます。
  • 当社の使命は、情報技術によりお客さまの経営課題の解決に貢献することです。その使命達成にむけて、当社の財産である社員をプロフェッショナルとして育成します。
  • 当社は、プロフェッショナルとして身につけなければならない3つのスキルを「ITスキル・業務スキル・パーソナルスキル」と定義します。そして、社員一人ひとりが専門技術と専門知識を持つプロフェッショナルとなれるよう、スキル習得の場を提供します。
  • 当社は、情報技術活用や業務知識の活用の専門性を活かし、そのベースとなるパーソナルスキル を身につけた「T字型人財」を育成します。
  • 社員一人ひとりは、与えられたステージにおいて自主性を発揮し、「技」を磨き、「技」を極め、「技」を誇れるプロフェッショナルを目指します。

3つのスキルが柱となり、
創造的なプロフェッショナルを育成。

社員一人ひとりが明確に将来の人財像を描けるよう、3つのスキルをバランスよく、
習得し、お客さまと当社に貢献できる創造的なプロフェッショナルを育成します。

3つのスキルとT字型人財

人を大切にしながら、技術者としての使命を全うする、バランスの取れた人財を目標に、ベースとなる「パーソナルスキル」、より専門性の高い「ITスキル」「業務スキル」を段階的に身につけていきます。

3つのスキルとT字型人財

ITの基礎から、じっくり学べる。
6か月間の新入社員教育制度。

TOiNXの事業の柱である「情報システム開発」、「情報システム運用」の両業務を6ケ月間で学びます。
理系・文系を分け隔てなく基礎から学んでいくので安心です。
講師は主にTOiNX社員が行いますので、先輩とコミュニケーションを取りながら、楽しく学べる環境です。

入社後の学びのスケジュール

入社後、4月から9月末までの6か月間行われる「新入社員教育」では、未経験者の知識の底上げと、経験者の知識の再確認、そして新入社員同士のコミュニケーションの向上をはかることができます。

配属後も、マンツーマンの指導サポート制度を導入し、IT経験者・未経験者も能力に合わせた基礎技術の習得が可能です。

入社後の学びのスケジュール

新入社員教育を終えた、
みなさんの声

毎日が新鮮だった
6か月間。

毎日新しい知識を身につけられる充実した研修期間でした。講師の方々や先輩社員、同期のおかげで6か月間でものづくりのやりがいと楽しさ、難しさを学ぶことができました。

最初はIT未経験者のため
不安だった。

ITについての知識がない状態からの研修だったので、不安でしたが、どんな質問に対しても丁寧に教えてもらえ、質問することを恐れなくなりました。みなさんのおかげで理解できることも増え、学ぶ意欲がわいてきました。

個性的な同期たちと
仲よくなれた。

同期が個性的で楽しい人たちばかりで、様々な考え方や意見にふれることが新鮮でした。講師の先輩にも業務知識をはじめ、社会人としての心得を教わり、研修当初の不安だった気持ちは今ではなくなりました。

チームで取り組む
ことの難しさ。

チームを組んで学ぶ・ものづくりをするということが初めての経験だったので、最初は右往左往してしまいました。難しくはあったが、成長できたという実感と達成感を感じることができました。