磨き抜いた能力

電力業務で培われた
「技術力」というDNA。

当社は、創業(1954年)から東北電力グループをはじめ、自治体や一般のお客さまの情報化に貢献するべく、強い使命感を持って取り組んできました。IT技術は刻々と進化を遂げ、そのスピードに対応するべく常に高度なIT技術を追求し、高品質な情報システムサービスを提供する。その積み重ねにより脈々と受け継がれてきたDNAこそTOiNXが誇る「技術力」であり、お客さまのIT活用の効果を最大化させます。

東北電力業務で培われた「技術力」というDNA。

個々がプロフェッショナルの
役割を果たす「人財力」。

どれだけIT技術が発達しても、その情報システムを効果的に活用できるか否か、鍵を握るのは、人です。人こそTOiNXの最大の財産。その考えにもとづき、当社では社員を人材ではなく「人財」としています。お客さまや地域社会に貢献できるプロフェッショナルの育成に向けて、自社独自の「人財育成方針」を設定。各種能力向上を目的とした研修制度や、全社員を対象とするITスキル診断などを積極的に実施しながら、パーソナルスキル、ITスキル、業務スキルをすべて兼ね備えたプロフェッショナルへと育て上げる。IT技術者としても、ひとりの人間としても、高い能力を身につけた人財たちこそ、当社の何よりの強みです。

TOiNXが育成に取り組む「T字型人財」

当社に必要なスキルを兼ね備えた人財「T字型人財」は、人を大切にしながら、技術者としての使命を全うする、バランスのとれた社員と組織を意味しています。

TOiNXが育成に取り組む「T字型人財」